FC2ブログ

しろくまの冒険

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【北海道】網走流氷観光砕氷船 おーろら

2014年2月の後半に、網走にて「網走流氷観光砕氷船 おーろら」に乗ってきました。
晴れた日で景色は最高。

{6278176E-47E5-42DA-AC11-FF050EB3681F:01}

{BDBE1751-E9B5-4B06-99AB-9BFEC91FBA4A:01}



ちなみにこの「網走流氷観光砕氷船 おーろら号」
「流氷砕氷船がりんこ号」というのが
予約段階ではどちらが良いのかどう違うのかが気になるところ。

自分はおーろらの方を乗ったのですが、
がりんこ号の方は、スクリューのようなもので船底で
流氷をがりがりばきばきと砕きながら進むのが見えるようです。

おーろらの方は、砕きながらというよりも
突進していくような形です。

{4A05E5F3-7328-42A7-9540-037793FBC2B8:01}

{33B80D7C-8A8F-44AC-9A6D-A75938F8350C:01}

{0A1170F0-F403-4B42-BB42-2FD2A2FD290E:01}


それでも氷の上に乗り、ばきばきと割れていく氷を見るのはすごかったです。

これは寒くても絶対に外のデッキで観察しなければ意味がない!

是非、外で冷たい風にあたりながら、
雪国の世界を楽しんでください!

{062230D2-E268-4600-8B0E-2EEA4259CA4D:01}

{FC706204-FEE2-428D-86C8-85E5F4F6821B:01}


スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【北海道】流氷ノロッコ号2014

冬期だけ網走⇔知床間を走る「流氷ノロッコ号
2014年2月25日、に乗ってきました。

{E7101C16-2CE6-4A5E-AC98-EA0AAA638AAC:01}

{EC5B3A5A-13B0-43AD-9E57-BBE76E162A33:01}

{B3F08CAB-3680-4062-BE94-57E363B612AF:01}

{2B4575BD-4F5D-4F62-B002-C1E0840CB256:01}



詳しいことは忘れてしまいましたが、
1月や3月は毎日運行ではなかった記憶でした。
でも2月は毎日運行

どうしても北側の席に座りたくて
1ヶ月前の予約開始とともに指定席をゲット。
北側の席だけ、2人掛けシートが窓向きです。

それはよかったんだけど。。。。

席と窓の幅が狭すぎで座れない(汗)
大昔の日本人サイズ(?)のままで
平均男性サイズでは座るのが困難なので注意を。
(自分はむりやり座ったけど)

景色や電車の雰囲気は最高でした。
録音ではなく生のアナウンスで景色や近辺の情報を伝えてくれてました。

{318A992E-6191-4A83-BFF3-BB6753D0AF57:01}



この流氷ノロッコ号と、もう一つ冬期の名物であるSL湿原号
たくさんの観光客が乗りにきます。
そこで、出発の駅や、途中の駅などで、
近所に住む地元も人たちが「ようこそ網走へ」「ようこそ知床へ」などのサインを持ちながら
大きく手を振ってくれているのに感動もしました。
「来てくれてありがとう」
そんな自然な気持ちを素直に見せて伝えようとしてくれている。
心があたたまりました。

自分は知床発の網走行きに乗ったのですが、
これは北浜駅で少々停車の時間があります。
観光客はここで電車を降り、写真を撮ったりするわけです。

{7588BF94-183B-4927-9802-10FA2BCE2734:01}

{3057D4C4-016D-4BBD-BE38-7B0D1CEBC672:01}

{B931F51D-B53C-4E62-B237-74BA6A8D81DB:01}



小さな駅の建物の中には、
小さなメモ書きサイズのメッセージが何千枚と貼られていました。

{905EE114-32FC-4CD1-AB79-E95E41939177:01}

{A18C19CF-4752-4FA9-99B8-0B1663362277:01}


ちなみに北浜の駅は、オホーツク海に一番近い駅。

2月後半とあり、海は見渡す限り凍って雪が積もっており
どこからが海かはわかりません。
これが網走に近づくと、だんだん凍ってない部分がちらほら見えてきました。

思い出に残る、とても良い時間でした。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【北海道】霧の摩周湖

北海道川湯温泉に2泊し、
屈斜路湖と摩周湖に行ってきました。
2月の後半、雪による道路状況を心配していましたが
レンタカーを借りて、苦無く回れました。

摩周湖は屈斜路湖に比べて川湯温泉から距離があります。

霧で覆われることが多いと言われている摩周湖も、
最高に澄んだ空気の中、見ることが出来ました。

{419FA3C4-E597-4A5D-A6A8-3C5A506BE199:01}

{D12B7D61-59AB-4789-8C0A-D0F8EC91F958:01}



屈斜路湖はほぼ凍っていたのですが、
摩周湖は凍っておらず、真っ青な色を輝かせていました。

{13C1695A-1599-4B35-A026-0883695ACCEF:01}



展望台は湖を見下ろす感じになります。

澄んだ水を見るのが大好きな自分は
出来たら湖を近くで見れたらよかったなとも思いましたが
景色は本当に最高でした。

真っ青な空と湖、真っ白な雪が絶妙な寛大さと美しさを醸し出していました。

展望台にはお土産屋、簡単な売店があります。

{95FEE952-432D-40DB-B1BD-8AA99C2A4FBB:01}


テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【北海道】屈斜路湖

2014年2月23日、北海道の川湯温泉に到着。
そこから屈斜路湖と摩周湖という2つの湖を見るのに
2泊を予定に足を運びました。

川湯温泉の駅は、北海道の田舎町の駅のイメージのまま
こじんまりとした無人駅でした。
屈斜路湖と摩周湖という、素晴らしい湖を観光する人も多いのに
想像したよりも遥かに小さな田舎町。

{D3068560-FE7B-48E9-A1D2-3DE7BC25965E:01}

{0DF57502-1DC4-4E8F-B168-9B47578481F4:01}

{4F89A1C9-EC0B-4C81-A32E-BCA99D99D8E8:01}



そこでまず、行く人は絶対に注意してください。

レンタカー会社は3つしかなく、
日曜日は全滅。休みです。

ほぼ観光地として動いている町なのに
日曜日にレンタカー会社が閉まっているとは予測してませんでした。
しかも2月16日に湖までのバスの運行も冬期で休みに入り、
動く手段は無し。

せっかく来たのはいいけど、動けないままで時間を過ごすことになるのかと
ヒヤっとしましたが、タクシーで屈斜路湖ならば
湖までは4~5kmだと近所のおじさんから情報収集。
食堂や白鳥のいる、いわゆる観光スポットまででも7~8km。
これならタクシーでもそれほどはかからないと思って
ホテルのフロントで「だいたいいくらくらいかかるかわかりますか」と聞くと
ここで8000円以上ですね、と。

いやいや、7~8kmと聞いたので、そんなにかかるはずは。。。と言うと、
でもタクシー会社からの情報にそう書いてあるんですよ、と自作の値段チャートを出してきた。

それはタクシーをハイヤーして、屈斜路湖や他のいくつかの観光地を巡るような情報だとか。

でも自分は、屈斜路湖に行って帰るだけでいいので、8000円はかからないと思うのですが、と言うと
「でもここにそう書いてあるので」と、とにかく話が通じない。。。

田舎町ののんびり度合いと思って聞き逃す努力をしたが、
観光がメインの町で、この情報提供のレベルは。。。

案の定自分でタクシー会社に電話し訪ねると、片道2500円くらいだとか。
やっぱり。

ちなみにレンタカー情報は、駅の建物の中に貼られています。

ということで、まあホテルのフロントでの不十分な情報は忘れて行ってきました。屈斜路湖。

一言、すごい!!!!
きれい!
寛大!

{9C0E1DB8-D1D8-4673-8FC0-21127F979087:01}

{62CEF6C5-4C94-40BC-9EDD-5222F20B8709:01}

{648FEA08-31FE-40B7-893A-86B3AEE16606:01}


食堂、お土産屋、足湯だけの小さなスポットだけど
景色は吸い込まれるような大変素敵なものでした。

湖は2mほど先までほぼ凍っています。
陸との境目からは湯気。
さすが温泉地。
どこまでが温泉のあたたかいお湯なのかと
靴を脱いで湖に入ると、20cm先くらいからは完全に冷たい水でしたww

{2101D6D4-7302-4F98-A714-76344F19A51A:01}



ちなみに足湯はとても気持ちいです。
お土産屋に100円でタオルが売ってます。
でも、お土産屋の真ん前にある足湯は、
膝よりも深く、底に足を付けるとまくり上げているズボンが濡れます。
腰掛けながら入れるけども、お湯がいっぱいなので、太もものズボンが濡れる。。。

{DA5BADF8-AD7B-4488-AF44-C935FB02133D:01}



そこで数十メートル離れた場所にもう一つ同じような足湯があります。
ここはもっとちゃんと座れるし、深さもすねまでくらいでちょうどいいです。

ちなみにそこにある自販機は、
さすが雪国という姿になってましたww

{A841C9CA-7EA5-4F39-9A92-836C835E6743:01}

翌日(月曜)にはレンタカーをして同じ場所に夕日を見に行ってきました。
これもきれい。ほんとにきれい。ため息がでるほどの美しさです。

{50E29B65-9480-449C-9823-6EE6DB179220:01}

{ABAA89F9-94E0-44B5-AE6B-7F071C8FD5C4:01}



周辺を運転して回ったりしましたが、他にはこういう足を止めて見るところはなさそうです。

ということで、川湯温泉に宿泊の場合は、「足」を確保することをおすすめします。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。