しろくまの冒険

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ガーラ湯沢 GALA湯沢】スキースノボ 予備知識

行ったことのない人も知らない人はいないガーラ湯沢。
その特徴はやはり新幹線直通で行ける便利さ。
駅降りたらそこはガーラ湯沢です。
「目の前」ではなく「そこ」がガーラ湯沢なのです。



ウエア、スキーなど、全部レンタルさえすれば
着替えさえ持っていけばほぼ手ぶらで行けるのが便利。

そこでいくつか予備知識。

ウエアとスキー、スキーブーツなどをレンタルしたらまずロッカー室へ。
ここで注意。
ロッカーは前金制、そして暗証番号システム。
入り口にあるロッカー券売機で買ってから入ること。
そこでロッカー番号と最初の暗証番号がかかれたレシートが出てくる。
(暗証番号を自分の好きな数字へ変更可能)
それを済ませて行かないとロッカーは使えないので
知らずに入って行くとかなりの時間ロスになります。
ちなみにレンタルのカウンターでその説明はありませんでした。
(ちゃんと説明してほしいですね)
あと1000円と割高なので、出来る限り2人でシェアなどすることをおすすめ。

準備が出来たらさてゲレンデへ。




一日滑り終えたら「下山コース」というどこのスキー場にもあるコースで下りるか
ゴンドラで下山するかの2選択。
ここ要注意。
下山コースたるもの、今まで行ったスキー場では
誰でも優雅に滑ってこられる初心者コース中の初心者コースだった。
ここは、はっきり言って、上級者コースばりの急斜面、且つ長距離!!

疲れた体で最後は優雅に、の予定が
半日滑った総合計の何倍もの体力&精神力を使うはめに。。。涙

正直下まで自力で戻れるか真剣に心配になりました。
中級者コースでもちょっと怖いなーと思う方、
くれぐれもこの下山コースは利用しないように。
ゴンドラで下りましょう。

そして待ちに待った風呂。
疲れた体を癒すのには最高。

そこでも注意。
土曜日ということもありかなりの混雑。
男性だけ入場制限がかかっていて、整理券を配っていました。
券をもらった時点から50分くらいの待ち時間。

おすすめは、ゲレンデから戻ったらまずこのお風呂施設の混雑具合を確認し、
必要であれば着替えを済ませる前に整理券をもらうこと。
そして着替えて戻ってきたらちょうどいいかもしれません。



ちなみに値段は1300円。
中に入ると、割高に感じるはず。
(大きいが普通の風呂)
これはプール利用の値段も含まれているためか。
プール利用のない場合とある場合の値段を分けてほしいですね。
逆をとれば、1300円でプールの利用も出来るので、
行く人は水着を持って行くのも良し。
レンタルもできます。(有料かは不明)
プールはジャグジーやゆったりとプカプカしたりできるもの。

帰りの新幹線、自由席の場合は改札前に列を作ります。
早めに着替えなどの準備を済ませ、並ぶことをおすすめ。

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soc98.blog.fc2.com/tb.php/54-e805af2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。